06-6436-1111

予防接種

予防接種について

病気にかかってしまうと、重い後遺症が残ったり、生命の危険にさらされたりすることもあります。 予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体から作製したワクチンを接種することで、特定の病気にかかりにくくし、またたとえかかってしまっても、症状がひどくならないよう、軽症で済むように実施します。
当院では、インフルエンザおよび主に高齢者向けの肺炎球菌ワクチンの他に、以下の任意予防接種を受け付けております。

予約制ですので、お電話でのご予約をお願い致します。

麻疹ワクチン(はしか) 5,000円
風疹ワクチン(三日はしか) 5,000円
ムンプスワクチン(おたふくかぜ) 5,000円
日本脳炎ワクチン 6,000円
水痘ワクチン(みずぼうそう) 7,000円
MR混合ワクチン(麻疹+風疹) 8,000円
B型肝炎ワクチン 5,000円

VPDという言葉をご存知ですか

  • Vaccine(ワクチン)
  • Preventable(防げる)
  • Disease(病気)

の略で、ワクチンで防げる病気のことです。

世界中には、とてもたくさんの感染症が存在します。中には、ワクチンがないために有効な予防ができず、多くの人の命を奪っている感染症も少なくありません。
そんな中で、予防のためのワクチンが開発されているのがVPDです。
ワクチンを接種することで、かかりにくくし、またかかったとしても症状がひどくならないよう防げることができます。

年齢とともに、免疫力が低下しはじめます。子供のころに受けた予防接種の免疫力は、大人になるにつれて弱くなっていきます。体力や免疫力が低下することにより、VPDにかかりやすくなり、また大人がかかると子供より重症化したり、また妊娠中に感染するとさらに重症化したり、流産や早産・先天性障害のこどもが生まれる危険が高くなったりします。

ワクチンで防げるはずの病気(VPD)に感染して、苦しんだり後遺症を持ったり、命の危険にさらされることのないよう、ワクチンで防げる病気は予防しましょう。

海外赴任・渡航に備えての予防接種も受け付けております。上記ワクチン以外でも、ご相談下さい。

06-6436-1111
ようこそ!
© ゆうこクリニック

ページ
TOPへ